HOME > 営業日記

梅雨時期

東京オフィスの菅原です。

塗装工事は梅雨時期は避けましょうと言われています。

ですが、実際は梅雨でも施工可能です。

弊社では基本的に、多少工期が伸びてもその建物・環境により良い施工を行っております。

どの業界でもありますが、絶対的な期限に追われて行う作業は余裕のあるスケジュールでないと、意図的でなくとも仕上りが劣ってしまいがちです。

塗装工事のスケジュールも、余裕を持って計画していても天気ばかりは予想だけで計画が組めません。梅雨でも晴れ間が続き予定よりも早く工事完了することもあれば、梅雨でなくとも台風が短期間で発達することもしばしばです。

新潟ペイント工業では特に季節による施工の得意・不得意はありません。

職人さんは、天気が雨なら玄関周りや駐車場の中など濡れない所の作業を進めて、それでも雨が続く時は無理に施工せず、下地の状態が乾いて問題ない状態になってから施工再開します。夏の屋根はマメに水分補給し、冬でもしっかりと下地の確認をしてから施工しています。

その時々の状況で、建物にとってより最善な施工を心がけております。

とはいえ、実際に工事期間が延長してしまい施主様には不便をお掛けしてしまっている現場もあり大変申し訳なく思っております。

それでも建物にとってより良い施工をする為に皆様のご理解、ご協力をいただいております。

今後もお客様のご希望をふまえ、より良い施工をしてまいります。

 

CATEGORY 営業日記

まもなく前橋現場が始まります

営業・施工管理の中村です。

GW明けの7日(月)より、いよいよ群馬県前橋市の8階建てマンションの外壁塗装工事が始まります。

足場設置工事は4月末から行っているので、我々はまずは建物の高圧洗浄、地べた等の養生作業を行います。戸建てやアパートとは建物・敷地の規模も違うので時間がかかると思いますが、いつも通り、洗浄・養生とも綺麗に丁寧に行います。

規模が大きいので、施工しながらも何かと予想外の外壁等の傷みなどが出てくるかとは思いますが、そこは職人や営業の今までの経験や会社の方針に基づき補修を施しながら完成へともっていきます。

まずは安全第一にお施主様や近隣住民の方、現場周囲を通行される人、車にご迷惑の掛からぬよう、社員一同施工に励みます。

CATEGORY 営業日記

千葉オフィス新設

初めまして、千葉オフィスです。

千葉、首都圏をエリアに新潟品質をお届けいたします。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

本日は、先日施工完了いたしました、内装の補修工事の写真を添付いたします。

こちらのお宅は屋上より雨漏りがあり、先に屋上の防水工事を施工させていただいております。屋上の防水工事により雨漏りが止まった事が確認できたので、内装の補修工事のご依頼をいただきました。将来的には大掛かりなリフォームを検討されているとのことで、今回は部分補修となります。

 

・天井板の張替え

・京壁の左官補修(写真は施工直後の為まだ乾きむらが見られます)

 

このように工事も外装でも内装でも、お客様のご希望により大小限らず施工しております。

まずはお気軽にご相談いただき、最善の施工をご提案させていただきます。

宜しくお願い致します。

 

CATEGORY 営業日記

雨降りでも

営業・施工管理の中村です。

天気が良くぽかぽか陽気が続いていましたが、昨晩からはまた雨が降ってきてしまいました。

雨が降ると、せっかく順調にきていた現場も作業効率が落ち、現場自体を空けざるをえなくなってしまうことが起きてしまうのが現実です。

ですが、ありがたいことに現在はマンションの室内塗装依頼を頂いたり、新築住宅ベランダ防水工事では、現場大工さんが雨養生を施しておいてくれたりとで、雨が降っていても入れる現場があります。  また、施工中のアパートの現場では、この雨では外回りは厳しい状況ですが、共有階段が内側にあるため、廊下天井や内側の壁は雨の影響を受けずに施工ができています。

天候が悪く外壁塗装がなかなか厳しいときに、室内塗装の話が入ってきたり、悪天候でも影響を受けにくい塗装現場があったりとで、とてもありがたいことが不思議と入ってきます。

たまたまだという方もいるかとは思いますが、私個人としては、社長をはじめ先輩方が、お客様のために、また会社のためにと盛り上げていただいたからこそ、ありがたい話が舞い込んでくるのだと思います。

私もこれからももっと尽力して、そういったものを呼び込めるような人間になりたいと思います。

CATEGORY 営業日記

社用車入れ替えにつき。

こんにちは!

東京オフィスの菅原です!

 

東京オフィスに続き、千葉オフィスも稼働し人や物が行きかっております。

その中で今回、社用車の入れ替えを行いました。その時の現場や営業状況、対応エリアの環境などを考慮して社用車の交換をしております。

※ちなみに東京、千葉で使用している社用車4台中3台は新潟ナンバーです。訪問先のお客様の中にはビックリされる方もいらっしゃいます(^^)

今回東京オフィスに来た社用車は、わたくし菅原が新潟でも使用していた社用車でとても懐かしく感じました。

車内の塗料の汚れもあの頃のままで、、、「ん!この汚れはひどいなぁ」と昔はスルーしていた事も今では気になりだします。(少しは成長できているようです^^;)

時間と天候の関係で、一部しか掃除できませんでしたがビフォー・アフターを撮影しました。


このようにキレイになりました!

【仕事道具を大切に!職場・現場を綺麗に!】

いつも社長や職長が繰り返し社員に伝えていることです。

気付きを持って、行動に移す。

先回の五十嵐さんの日誌でもありましたが、初心を忘れず励んでいきます。

 

東京オフィス  菅原 亮

 

CATEGORY 営業日記

初心

お久しぶりです。

営業・施工管理の五十嵐です。

 

寒さもやっと落ち着き、新潟でも桜が見ごろを迎えつつあります。

春は外壁塗装の業界も忙しく、弊社もありがたい事に忙しくさせて頂いております。

 

先日、東京へ出張した際に新しく取引きをさせて頂く事になった会社様へ社長、東京の先輩と3人でご挨拶に伺わせて頂きました。

そちらの会社様は起業からまだ1年半ほどで、スタッフの方も半数は学生インターンとの事で若い方が沢山いらっしゃいました。

数名の方とお話しをさせて頂いたのですが、みなさん仕事に対する熱量が高く、キラキラと眩しくとても活気に溢れたオフィスでした。

 

その日、新潟へ戻る新幹線の中で、自分は今お客様からどう見えているのか考えこんでしまいました。

自分はあそこまで真剣に、ひたむきに目の前の仕事に向かい合えているのだろうか?

何か忙しさにかまけて、妥協はしていないだろうか?

少し仕事に慣れたからといって初心を忘れてはいないだろうか?

 

思う事は色々とありましたが、自分としては『仕事でお客様の生活に貢献する』という初心に立ち戻りました。

月並みではありますが、だからこそ維持が難しい初心を強く意識しこれからも目の前の仕事に向き合っていこうと思います。

こういった事を考えるきっかけを頂いた方々と、その出会いに深く感謝致します。

本当にありがとう御座いました。

CATEGORY 営業日記

ベランダ床を塗り替えました。

こんにちは。東京オフィスです。

ようやく春らしい気候になってまいりましたね。

東京では梅や桃の花の真っ盛り、とてもきれいで春の訪れを感じさせてくれます。

 

本日は先日行いましたベランダ塗装の様子をお伝えします。

ベランダも屋根同様に塗装の劣化が雨漏りの原因になってしまう大事な部分で、屋根より目につきやすいので気になっていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

今回の案件は雨漏りはございませんでしたが、排水部の劣化が気になるとのことで、塗装をさせていただきました。

このようにコンクリートむき出しのベランダです。こちらを丁寧に洗浄し、下地調整材を塗り、下塗り、防水材の中塗りを2回塗り、上塗りで仕上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、このとおりピカピカのベランダになりました。排水部分も防水材を2回しっかり塗っているので、長持ちして安心して頂けると思います。


 

 

 

 

 

 

 

お色もきれいなお色をお選び頂き、とても明るい感じで蘇ったと思います。

どうもありがとうございました。

それでは、桜の時期まであと少し、花粉症の方は特にお身体ご自愛いただき、元気にお過ごしください。

 

 

 

CATEGORY 営業日記

リフォームセミナー参加

営業・施工管理の中村です。

昨日、塗料メーカーのリフォームセミナーに参加してきました。

塗装後のクレームについてでした。

メーカー調べでの統計で多かったのは、

1位 塗膜の縮み

2位 塗膜の剥がれ

3位 塗膜の膨れ

でした。

上記の現象が起きてしまう要因は、①素地調整(洗浄不足、ケレン不足)、➁塗装面(密着不足、硬化不良)の2つが大きく占めているということです。

これらが起きないように施工することは、どこも同じだとは思いますが、弊社では何度も言っているように、「下地調整・下地作り、下塗りが何よりも大事なのだ」ということを営業、職人問わず社員一同、共通意識で行っています。

ですが、塗替えはリフォームなので塗り替えたからといって新築同様の新品に戻るわけではありません。もともとの躯体や下地自体が傷みすぎている、新潟のように季節・気候の環境が厳しい地域によっては塗替え後も劣化の進み具合には差が出てきます。

ですので、弊社は「工事が終わったからサヨウナラ」ではなく、塗替えをされたあとのアフターフォローが大切だとしているので、万が一何か不具合が生じたときには無料で補修をさせていただいております。

ですので、これから塗り替えをお考えの方も

営業・施工はもちろん、【10年保証書付き 7年定期点検】もある弊社に是非ご相談ください。

CATEGORY 営業日記

屋根を塗り替えました。

こんにちは。東京オフィスです。

今年は未だにインフルエンザが流行し、記録的な猛威をふるっておりますね。皆様健やかにお過ごしでしょうか。

おかげさまで東京オフィスでは全員元気に出社しております。

本日は先日塗装をさせて頂きました屋根の塗装につきましてお話しさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお写真は先日雨漏りが起こってしまい、ご相談いただきました屋根でございます。

ビスの周りが錆などによる劣化で隙間ができてしまい、隙間から雨漏りが起こってしまいました。

こちらの屋根ですが、丁寧に洗浄を行い、錆止めを塗装、ビス周りをよくコーキングで穴埋めし、紫外線に強い遮熱塗料で中塗り、上塗りと全部で3回塗装を行いました。


 

 

 

 

 

 

このようにビスの錆も全く見えず、きれいに仕上がりました。いかがでしょうか。

毎回丁寧にきれいに塗り上げて下さる職人さん方、どうもありがとうございます。

屋根はご自分でなかなか見ることもありませんし、劣化に気づきにくい部分ですよね。ですが、住宅を雨や紫外線から守るため、実は一番過酷な状況にあるのが屋根です。

雨漏りは住宅にカビなどの劣化を招く原因にもなりますし、生活するのに気になったり、支障が出ると思います。

ご参考までに一般的な屋根の材質ごとの耐久年数を載せますので、ご参考になれば幸いです。

スレート系(カラーベスト、コロニアル等) 7~8年
セメント系瓦 10~15年
粘土系瓦 20~30年
金属系(トタン) 5~8年
金属系(ガルバリウム銅板) 20~30年

 

それでは、春が来るまであと少し、身体に気を付けて頑張って参りたいと思います。

皆様もお身体ご自愛くださいますよう。

CATEGORY 営業日記

船内補修工事 終わりました!!

営業・施工管理の中村です。

先月下旬からの船内補修工事が昨日で無事終わりました。

今日新潟を出港して、青森のほうから回って3日後の13日の午前に横浜へ着くそうです。

新潟の冬場はご存知の通り、屋外の作業がなかなか思うようにできないので、今回のように冬場に屋内の仕事があると弊社にとっても職人にとっても非常にありがたいことであります。

屋内の塗装や補修なども是非ご相談ください。

CATEGORY 営業日記